相続税専門の税理士が
相続税の税務調査について詳しく解説しています。

相続税税務調査対策ガイドは、相続税専門の税理士が相続税の税務調査について不安や心配を抱えておられる方に役立つ情報を提供しています。
相続税税務調査対策ガイドは特に次の方に役立つサイトです。
(1)相続税の税務調査を心配されておられる方
(2)実際に相続税の税務調査のお知らせがあった方

近年、相続税は増税の道を歩んでいます。
その中で最も注目されているのが相続税が改正され基礎控除が引き下げられることです。

相続税の基礎控除が引き下げられることで、これまでは相続税の心配が必要でなかったご家庭にも相続税が課税される時代がやってきます。
このような増税の時代になれば、相続税の申告手続きだけではなく、相続税の税務調査を受ける機会も増えてきます。

多くの方にとって初めての相続税の税務調査になると思いますので、不安や心配がおありだと思います。
・相続税の税務調査はどのようにして行われるのか
・相続税の税務調査を行う人はどのように決めているのか
・相続税の税務調査でどのような点に注意すれば良いのか
・相続税の税務調査の当日、どのようなことが行われるのか
などを知っておくことで、少しでも相続人のみなさまの不安が和らぐのではないかと考えております。

相談事例
参考までに、相続税の税務調査について私どもにお寄せいただくご相談事例として、次のようなものが多くなっています。
相続税の申告をご自身でされた方
税務署から相続税の税務調査をする旨の連絡があり、どのように対応していいのかわからない。
税務署から相続税の税務調査をする旨の連絡があり、とても不安で夜も眠れないため助けてほしい。
相続税の申告を税理士にお願いされた方
相続税の税務調査の対応はできないため、他に税理士を探してほしいと言われ、どうしたらいいのかわからない。
相続税の税務調査において、税理士が税務署の味方のような発言を繰り返すため、税理士を交代したい。
相続税の税務調査において、税理士が税務署の言いなりになっており、このまま税務調査を進めるとマズイ結果になりそう。
相続税の税務調査において、税理士が一言もしゃべらず、何のために報酬を払っているのかわからない。
怒りと不安な気持ちだけが残った。
相続税の税務調査の終了後、税理士から「余計なことは話さなくてよかったのに」と言われた。
私たちは素人なので何が「余計な事」なのかがわからない、そんなことを言うのであれば事前に打ち合わせをしてほしかった。
これまで、相続税の申告手続きについて解説しているサイトは世の中に数多くありますが、相続税の税務調査について詳しく解説しているサイトは存在していませんでした。
相続税の税務調査について不安や心配を取り除くため、相続税税務調査対策ガイドを活用いただけましたら幸いです。

相続税の税務調査を知る

何よりもまず、相続税の税務調査を知ることが最も重要なことです。
相続税の税務調査がどういったもので、どのようなことが行われているのかがわからないために不安や心配が大きくなるのではないでしょうか。

相続税の税務調査が行われた場合、そのうちの約8割は申告漏れが指摘され追徴課税となっており、大変厳しい税務調査となっています。
なぜ、相続税の税務調査は厳しいのでしょうか?
まずは、相続税の税務調査を理解するが大切です。

相続税の税務調査を行う先はどのように選ばれるのか

相続税の税務調査が行われる前提として、税務署は税務調査を行う先を決めなければなりません。
そこで、相続税の税務調査を行う先をどのように決めているのかを知ることは、とても有意義なことです。

また、相続税の税務調査が行われた理由の多くは、既に提出した相続税の申告書に問題があります。
相続税の申告書の作成をしっかりと行えば、税務調査が行われることを防ぐことにも役立ちます。
税務署が何を考えどのような行動をとっているのかを知ることで、相続税の申告書を作成されている方々にも大いに役立ちます。

相続税の税務調査でチェックされること

実際に相続税の税務調査が行われた場合に、税務署は何をチェックしているのでしょうか?
このことを少しでも知っていれば、税務調査があったとしても慌てることはなくなります。

特に、相続税の税務調査では生前贈与が問題視されがちです。
そのため、相続税の税務調査を念頭に置いた生前贈与の計画が必要になってきます。
相続税の税務調査を知ることは、相続税対策にもつながります。

相続税の税務調査が行われるまでの流れ

税務署は相続税の税務調査を行う先をどのように決めているのでしょうか?
税務署内部でどのような動きをしているのでしょうか?
相続があったときから相続税の税務調査の通知を受けるまでの一連の大きな流れを知ることは、とても有意義なことです。

また、相続税の税務調査が行われる時期を知ることで、税務署がどのような心構えで調査をしているのかを理解することに役立ちます。

相続税税務調査当日の流れ

相続税の税務調査が行われる当日、どのようなスケジュールなのでしょうか?
何時に始まり、どのような話があるのでしょうか?

どのような質問がありどのような資料を準備すれば良いのかを理解しておくことで、税務調査に対する心配や不安が軽くなることでしょう。
また、これらを相続人の方々が知っておくことで、顧問税理士さんとの打ち合わせもスムースに行うことができます。

相続税の税務調査の種類

相続税の税務調査といえば、「マルサ」と呼ばれる強制調査をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
しかし、実際に行われるのは任意の調査です。

任意の調査だからといって、税務調査を断ることはできるのでしょうか?
相続税の税務調査は任意という言葉を借りた半強制調査となっています。
税務調査にも種類があり、やり方も異なりますので、これらを理解する事はとても有意義なことです。

相続税税務調査後に対応すべきこと

相続税の税務調査が終了した後、どのようなことをすることになるのでしょうか?
税務調査終了後の事後処理がすべて終わって、はじめて税務調査は終了となります。

相続税の税務調査の事後処理のことを知っておくことで、この先どうなるのだろうという心配や不安は和らぎます。
相続税の税務調査のゴールを知ることは、とても有意義なことです。
相続税についてより詳しく知りたい方はこちら
相続税の申告について知りたい方 相続税対策について知りたい方
遺産相続税相談室
新時代の相続税対策
copyright © 相続税税務調査対策ガイド all rights reserved.